医療用テープでのおでこのしわの改善効果は一時的

おでこのしわは、人相的にも決して美的とは言えないでしょう。
しわを引き延ばして医療用テープで固定させるという一時的な改善方法があります。ただ、これは一時的なものです。
多くが求めているのは根本的にシワをなくすことでしょう。
そういった改善方法はないのでしょうか。

乾燥が原因のしわなら保湿ケア

おでこのしわに限らず、初期段階のシワの原因の大半は、肌の乾燥です。
そこで、しわ改善には、保湿ケアが効果的ということになります。
肌の栄養分としては、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入ったスキンケア用品がベストです。
美肌成分として有名なビタミンCは、肌の弾力成分のコラーゲン生成をサポートするので、おでこのしわにも効きます。どんなに着込んでいても、おでこは基本的に、外気に直にさらされるので、乾燥しないよう注意が必要です。

 

ただ、スキンケア用品は、塗り過ぎては逆効果になります。
個人差が大きいので一般化は難しいのですが、目安としては、肌が少し潤ったかなと実感できる程度が適当のようです。
いろいろと量を変えてやってみて、自分にとっての適量を見付けると良いでしょう。

おでこは紫外線も浴びやすい

また、おでこは、紫外線によるダメージを受けやすい場所でもあります。
それが原因のしわもできやすいので、日ごろから日傘や帽子などでUV対策を万全にし、改善を図りたいものです。
紫外線によるダメージを回復させるなど、しわ改善に効果的なビタミンCは、食事からとることも大切です。
新鮮な果物や野菜、特にキャベツ、キウイフルーツ、グレープフルーツ、いちごなどはオススメの食品です。
レバーやアーモンドなどの鉄分が豊富な食品もオススメです。

姿勢や表情にも注意を

最近はスマホなどで下を向いている人が目につきますが、おでこのしわの原因にもなります。
気が付いた時にでも上を向くなどして、姿勢を良くすることでも改善が図れます。
表情によるクセ付けもおでこのしわの原因になります。
怒った顔、困った顔、どんな時におでこのしわが深くなるかチェックして、普段から表情にも気をつけましょう。

目の下のシワ対策は化粧水やクリームでも可能

化粧水やクリームを使ったスキンケアは、毎日の習慣として多くの人が欠かさずやっていることでしょう。そこで使う製品をシワによいものに取り替えるだけで、日々の積み重ねとして改善も可能です。 以外かもしれませんが、敏感肌用ブランドエイジングケアシリーズが、多くのシワに悩む人の支持を集めているのです。 その理由とは?こちらから敏感肌ケアがシワ対策になるわけ