深く刻まれたしわをなくすのは難しい…

深々と刻まれてしまったシワを、完全になくすのはとても難しいことです。
ただ、それを薄くしたり、いっそのことシワができる前に予防したりする方法はあります。
シワをなくす方法は、額、眉間、目元、首など、できた部位によって多少違ってきますが、いずれにしても肌に弾力を与え、筋肉をつける(適正に)ことが基本になります。

皮膚から潤いがなくなることがしわの原因に

基本的に、シワは乾燥によってできることが多いものです。
特に、目元や口元にできやすいのが特徴です。
こうしたシワは、ちょっと皮膚を引っ張ればなくなるような、浅いものが大半であり、シワをなくす方法としては保湿ケアが有効になります。

 

保湿ケアは、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入ったスキンケア用品を使うことが効果的です。
ビタミンCも、コラーゲン生成を助けるなどして、間接的なシワをなくす方法として、野菜や果物をふんだんに摂ることも重要なポイントになります。

表情でできるしわにも保湿ケア

また、笑った時にできる笑いジワなど、表情によってできるシワもあり、若い人にも比較的多くみられます。
こちらも、肌の乾燥が原因なので、同じく保湿ケアに努めることが、シワをなくす方法として効果的です。

UV対策もシワをなくす方法のひとつ

シワは、紫外線を浴びることでもできてしまいます。
真皮のコラーゲンがダメージを受け、肌の弾力が失われるためで、顔や首にできやすいのが特徴です。夏だけでなく、年中無休でUV対策を取ることが、シワをなくす方法につながります。
これまでに上げてきたシワは、比較的浅いものが大半ですが、真皮まで達する深いシワとなると、改善は本当に困難になります。
真皮のシワとなると、もはや保湿ケアでは焼け石に水となるので、美容皮膚科やエステの出番となりそうです。

目の下のシワ対策は化粧水やクリームでも可能

化粧水やクリームを使ったスキンケアは、毎日の習慣として多くの人が欠かさずやっていることでしょう。そこで使う製品をシワによいものに取り替えるだけで、日々の積み重ねとして改善も可能です。 以外かもしれませんが、敏感肌用ブランドエイジングケアシリーズが、多くのシワに悩む人の支持を集めているのです。 その理由とは?こちらから敏感肌ケアがシワ対策になるわけ